Archive for 12月, 2015

ドロドロ血液

糖尿病の治療や対策に、痩せる食品とされる低GI食品が役立つと言われています。痩せると言われる低GI食品がなぜ糖尿病の患者に利用されているのかを調べてみました。

糖尿病になると、食事によって上がった血糖値がなかなか下がらずに、高血糖の状態が続くという症状になります。血糖値が上がるのは、食事で得た糖が体内に取り込まれるためです。

その後、インシュリンの働きで血液中の糖は形を変えて体内で使われ、血糖値はもともとの値に戻るというのが健康な体です。インシュリンの分泌などに問題が起きて血糖値が高い状態が維持されると、高血圧の症状などが起きます。

ドロドロになった血液は脳や心臓の循環に深刻な影響を及ぼすことがあります。高血糖状態は感染症にかかりやすくなる、痩せることが大変になるという問題もあります。糖尿病は命に関わる深刻な病気を引き起こすことがあるために、予防が重視されています。

糖尿病の予防や改善に役立つ食品として、多くの人が低GI食品を利用しているそうです。糖尿病の患者にとって避けたい事は血糖値が急に高くなってしまうことなので、低GIの食品を利用して、血糖値が急激に上がらないようにしているのです。

よく耳にする話では、糖尿病は、太っている人はなりやすいというものです。必ずしも、太ると糖尿病になるとは言い切れませんが、肥満を放置していると、糖尿病にかかる可能性は上がるといいます。糖尿病にならないように、太り気味だと感じたならば、低GI食品などで痩せる食事を目指しましょう。

 

すそわきが用クリーム

Bookmarks